17 3月 2017年 の記事
おはようございます。
八千代工業の松村です。

本日は外構工事で知っておきたいポイントをご紹介いたします。

お庭の工事でお客様が気にされることが多いのが塀の高さです。
オープン外構の場合はあまり気にされる方はいないのですが、クローズ外構の場合やはり周りの目が気になるものです。

人間の目線を遮ろうと思うと、必要な高さは最低でも1.6mくらいはほしいところです。

ただ、ここで問題が・・・

控え壁といううものをご存知でしょうか?
建築基準法で定められているもので、塀高さが1.2mを超えるときは、長さ3.4m以内ごとに基礎と塀を造る必要があるのです。
※控え壁(控柱)は、塀が風や地震で倒れないようにするものです。





NiwaNaviImage
そこで、エクステリア商品が有効なのです!!

例えば門柱・・・
エクステリアでも最近素晴らしい機能門柱がでております。





NiwaNaviImage
これ機能門柱です。
まるでオリジナルで造ったかのようなデザイン。。。
これなら控え壁が要りません。

NiwaNaviImage
周りの目隠し部分などにお勧めなのが、スクリーンフェンスです。

ブロックで塀を造るよりもお安くお洒落にだってできちゃいます!!
個人的にはナチュラルモダン外構などにお勧めです。
このように控え壁がいやだなぁと思っている方は諦めずにまずご相談下さい。
理想のお庭つくりをお手伝いさせていただきます。


投稿者:matsumura

ブログカレンダー

<   2017-03   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ClipboardImage